書籍「できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ Vol. 2)」に当社代表の納見が共著者として参加しました

posted in: ニュース | 0

デザインやウェブの知識やノウハウ習得に関する専門書籍を数多く出版する株式会社MdNから出版される書籍「できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ Vol. 2)」に、当社代表の納見が共著者として参加しました。

できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ Vol. 2)
敷田 憲司 岡崎 良徳 岸 智志 納見 健悟
エムディエヌコーポレーション (2018-11-20)
売り上げランキング: 13,848

 

書籍のご紹介

本書は、ウェブ制作に関するノウハウを、すぐに着手できるようにわかりやすく紹介する「できるところからスタートする(できスタ)」シリーズの第2弾です。

ウェブサイトを運営する方、ウェブを用いたマーケティングを担当する方を対象に、実際のビジネスでの実践につなげることができる「コンテンツマーケティング」のノウハウと手法を紹介しています。

当社代表の納見は、BtoBのビジネスにおけるコンテンツマーケティングをメインに担当しました。これまで建築・建設業界で実践してきた「経営・マーケティング顧問」のノウハウを一般向けに解説しています。

BtoBのマーケティングは、クライアント側の高い専門性を理解し、社内の上層部にもロジカルに稟議を通す必要がある、とても難易度の高い仕事です。そのため、BtoBのマーケターが少なく、ノウハウが体系化されていませんでした。

本書では、当社代表の納見が、これまでの建築・建設業界のマーケティング顧問としての実績を活かし、経営層やマーケティング担当者がBtoBのマーケティングですぐに実践して効果をあげることのできるノウハウをロジカルに紹介しています。

当社代表の納見は、BtoBのコンテンツマーケティングについてのノウハウを担当しました
当社代表の納見は、BtoBのコンテンツマーケティングについてのノウハウを担当しました
具体的な施策をノウハウごとにわかりやすくご紹介しています
具体的な施策をノウハウごとにわかりやすくご紹介しています

 

著者について

本書は、4人のコンテンツマーケティングのプロにより書かれた本です。

敷田憲司さんは、「できスタ」シリーズ第1弾「できるところからスタートする コンバージョンアップの手法99」を執筆されたフリーランスのSEOコンサルタントです。

岡崎良徳さんは、単著本「効果がすぐ出るSEO事典」を出版され、コーディングからアドバイスすることのできるウェブマーケティングの専門家です。

岸智志さんは、原稿制作プロダクション「スタジオライティングハイ」を運営されている、紙媒体出身でウェブに精通したライティングのプロです。コンテンツを制作するために必用な「書く」ノウハウをご紹介されています。

当社代表の納見は、BtoBのビジネスにおけるコンテンツマーケティングをメインに担当しました。

コンテンツマーケティングをこれからはじめようと思っている方や、自分の会社やビジネスで成果をあげたい方におすすめの本です。ぜひ、購入していただき、あなたのビジネスやウェブマーケティングの成功にお役立てください。

 

書籍情報

 

できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ Vol. 2) タイトル できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88
著者 敷田 憲司、岡崎 良徳、岸 智志、納見 健悟
出版社 エムディエヌコーポレーション
発売日 2018年11月20日
仕様 A5判/240P
ISBN 978-4-8443-6825-0
Amazon.co.jpで詳細を見る

 

本書で当社代表 納見が担当した章の抜粋紹介

[18]BtoB向けのコンテンツマーケティング
BtoCと比べて難易度が高くなるBtoBのコンテンツマーケティングですが、自身が扱っている商材の特性を知り、それぞれの会社に合ったマーケティングを適切に進めることができれば、確実に成果を出すことができます。
この章では、扱う商材ごとの特性やBtoBマーケティングを行う上での傾向、成果につなげるためのツールなどをまとめてご紹介しています。

[22]ライフタイムバリューを効果測定・予算化に活かす
ライフタイムバリューは、1人の顧客が商品やサービスに生涯トータルでどの程度お金をかけているかを数値化したものです。ライフタイムバリューを厳密に計算しようとすると複雑になってしまうので、この章ではシンプルにライフタイムバリューを計算し、成果報告や予算化に活用する方法をご紹介しています。

[24]ペルソナを作成して顧客イメージを共有する
BtoBのコンテンツマーケティングのプロセスを可視化するための方法のひとつに、ペルソナの作成があげられます。見込み客のイメージをプロフィールや趣味趣向まで具体的に落とし込み、自社のサービスを購入する可能性のある顧客像を社内で共有するために作成するものがペルソナです。
この章では、実際のペルソナシートのサンプルをもとに、具体的なペルソナの作成方法をご紹介しています。ペルソナ作成を通じて、リアルなマーケティング施策につなげることができます。

[28]既成コンテンツのリライト①—計測結果の活用方法
[29]既成コンテンツのリライト②—具体的な進め方

コンテンツマーケティングは、顧客がコンテンツを通じて自社のサービスを購入してもらったり問い合わせてもらいコンバージョンにつなげるための施策です。そのために新規のコンテンツを作成することも大事ですが、既存のコンテンツをリライトする(書き直す)ことも同じように重要です。
これらの章では、リライトすべきコンテンツの探し方、具体的なリライトの方法などをご紹介しています。

 

Pocket